国内最安値の遠隔監視装置 ソーラーレモン

SolarRemon(ソーラーレモン)はLTE網を使用した太陽光発電所用遠隔監視装置として、国内最安値の監視装置です。(※自社調べ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

SR221

国内最安値の遠隔監視装置

  • 本体 24,800円(税込)~
  • 通信費 275円/月(税込)
  • SIM開通費用0円
  • 従量電灯時の電気代 2円/月(税込)以下

他社最安値の1/5以下のコストでパワコンを監視することができます。(パワコン5台構成の場合)

デモサイトを開く

販売ページを開く

 

パワコンの個別監視とコスト総額が最重要

パワコン個別監視という最も重要な機能のみに特化

パワコンの停止だけでなくストリング異常も確認できます。

 

設置費用も「最小限」

RS485形式の監視装置の場合、信号線の設置だけでなくパワコンの設定変更が必要となる場合があり設置費用で5万円以上となる場合があります。

SolarRemonであれば設置に必要な時間は10分ほど。ご自身で設置することもできるため設置費用を低く抑えることができます。

(安全のためブレーカーを落として作業を行ってください)

 

月額費用は?

月額費用にはサーバ代、通信費、機器の電気代がかかることになります。通信費(SIM)の月額使用料を気にする方はであれば機器の電気代にも注意が必要です。

SolarRemon SR221の電気代は約2円/月 (税込)

RS485を用いた一般的な監視装置は5W程度の電力を消費しますが、SolarRemon SR221シリーズは0.1Wと極めて省電力。電気代の差は約60円/月になります。

通信費+サーバ代は275円/月 (税込)

固定キャリアのSIMで201円のサービスがありますが、SolarRemon SR221シリーズでは3キャリア対応のSIMを採用し通信費で275円/月(税込)となります。

さらに、SIMを開通する際の事務手数料3,300円がSolarRemonでは無料です。

月額費用(通信費+電気代)の差はSIM最安値のサービスと比較しても約19円/月とわずかです。初期費用の3,300円を19円/月でペイするには14年以上かかりますので、

月額費用(電気代含む)でもSolarRemonがオトクです。

PCSは5台、SolarRemonは自分で設置したと仮定。他社様は設置費用5万円として概算

以上から、他社最安値の1/5以下のコストで導入することができ、10年後の総費用の差では、

129,700円もオトク

になることがわかります。
(10台用の場合は90,870円の節約)

 

精度の違いが収益の決定差ではありません。

CT型でも異常に気づくことができます。

パワコン毎のパネル積載量が等しければ、各々のグラフは概ね重なります。ストリングに異常が生じた場合はこちらのグラフのオレンジ色の線のように大きく値がずれる事になります。

収益に影響する異常は電流グラフに現れますので、それ以上の機能は必要ありません。当たり前ですが、電流グラフに現れないものは収益に影響しないのです。

経験豊富な方を中心に採用されています。

詳細な情報が得られたとしても、最初の数ヶ月をすぎれば飽きてしまいパワコンの停止通知しか確認しないようになります。

SolarRemonは主に、太陽光発電事業に慣れた次のような方々から多数採用されております。

  • 太陽光発電所を多数所有するオーナー様
  • 保安監督を専任されている電気主任技術者様
  • O&M事業者様

最終的に大量導入される監視装置がSolarRemonです。

太陽光発電所を多数所有している方が他社様の監視装置を経験された後SolarRemonであれば本当に必要な機能だけを最小限のコストで利用できるということで、1社様あたり数十台~数百台という単位でご採用頂いております。(1台単位でのご注文も歓迎しております)

(通常納期は1週間以内となりますが、受注生産方式となりますので大量のご注文頂いた場合にはお届けに2ヶ月ほどお待ち頂く可能性があります。予めご了承くださいませ)

 

メールでのお問い合わせ

solarremon@urban-s.net (担当:加藤)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加